犬の目薬

1/2ページ

シーナック (白内障治療の目薬)

  • 2018.07.12

シーナックは、犬猫用の白内障治療目薬です。 白内障治療薬と言えば、「キャンC」が有名ですが、 実は、キャンCと同成分のお薬です!(キャンCのジェネリック医薬品) 犬猫の白内障の進行予防と改善に効果的で白内障の進行を遅らせてくれます。 また、ドライアイを防ぐ成分も入っています。 ジェネリックなので、価格がリーズナブルとあって、人気が出てきていますね。 もしあなたの愛犬・愛猫が白内障の症状を患っていて […]

犬の目薬のさしかた、コツは?

白内障など病気の治療に必要な目薬ですが、犬は嫌がる場合も多く正しい点眼の方法を実践していく事が大切になります。 基本の方法としては、まず片手で顔を固定する為に花から口全体を持ち、点眼の容器が見えないように後ろから近づかせます。 固定しつつもう片方の手で後ろから瞼を上げ点眼、その際容器が眼に触れないようにしましょう。 ポイントとなる点は点眼の容器に気が付かれない事です。 また正面から飼い主が行くと直 […]

犬の目やに目薬は?

  • 2015.10.09

犬で目やになど目立つ場合、眼の周囲の毛が触れて眼を傷つけてしまっている場合もありますし、他の病気の可能性もありますのでまずは医師に受診する必要があります。 犬の目やににより疑われる病気としては角膜炎や角膜潰瘍、結膜炎の他に眼瞼内反症などがありますので、まずは何の病気なのか確認しましょう。 角膜炎であった場合眼の軟膏や洗浄用の目薬の使用を勧められる場合が多いです。 眼の軟膏は体内温度で溶ける上に、目 […]

犬の白内障目薬 シーナックはどんなお薬?

  • 2015.10.09

犬の白内障の目薬で現在主流な薬は、根本的な治療も可能なNアセチルカルノシンが含まれたものです。 シーナックもその一つで、2010年に開発された白内障の根本的治療は可能な薬のジェネリック薬です。 ジェネリック薬とは特許の切れた薬を他の会社が割安販売したもので、開発費が含まれない分割安での販売を可能にしています。 インタスファーマから販売されており、Nアセチルカルノシンの他に保湿成分であるグリセリンも […]

犬の白内障とは?

  • 2015.10.09

白内障には先天性と後天性がありますが、犬の白内障では老化などが原因による後天的である場合が多いです。 ただ先天性である場合がないわけではなく、ゴールデンレトリバーやホワイトテリアなどは先天性の白内障が多い犬種もいますので注意が必要です。 白内障が発症すると眼の水晶体が少しずつ混濁していきますので、視力の低下や失明といった症状が表れますが進行はゆっくり進むのが特徴です。 犬の白内障の原因は老化の他に […]

犬の白内障 予防のための目薬は?

  • 2015.10.09

犬の白内障の原因は事故など外的要因の他に、遺伝要因による先天性のものや中毒、老化によるものなどがあります。 もう一つが代謝性白内障と呼ばれる糖尿病性が現認の白内障がありますが、この場合は糖尿病の治療を行わなければ改善しません。 6歳以上の犬の白内障の大半の原因は老化によるものとされており、白内障の予防を行う際は眼の水晶体が白濁する原因に対する対策をする必要があります。 ただ核硬化症という眼が白くま […]

犬の白内障 目薬の副作用は?

  • 2015.10.09

犬の白内障では目薬が多く使われており、2010年9月以降に販売された新しい目薬は根本から改善出来る非常に良い薬です。 安全性も高く、海外で10年以上に臨床実験が行われており、ほぼ副作用がありません。 また事故発生も5年以上販売されてきましたが、一つも事例がありませんので安心して使う事が出来ます。 犬に有効成分を補充する事で元の能力に回復させる目薬ですので、副作用などはないのです。 注意としては点眼 […]

犬の白内障 目薬の値段は?

  • 2015.10.09

犬が白内障になった場合、治療の方法として点眼薬がありますがその費用は様々です。 現在白内障に効果がある薬はNアセテルカルノシン酸が含まれたもので、眼の酸化を抑える効果があります。 2010年に開発された点眼薬であり、現在の白内障用目薬の主流になっています。 日本ではキャンCとドッグクララスティルの名称で販売されていますが、販売メーカーが違うだけで全く同じ成分となっています。 キャンCがアメリカのビ […]

犬の白内障 目薬の効果は?

  • 2015.10.09

犬の白内障の薬は2010年9月から全く異なるものが勧められるようになりました。 以前の犬の白内障の薬は進行を抑える事が期待出来る、その程度の効果でしたが最新の薬では根本的に解決出来るようになりました。 糖尿病性のものなどは糖尿病の治療をしなければ意味がありませんが、白内障の原因に多い老化が原因であった場合かなりのケースで改善が見られます。 老化が原因の白内障は体内の器官が老化により衰えた事が原因と […]

犬の白内障 治療の目薬は?

  • 2015.10.09

犬の白内障の内科的治療では点眼薬が使用されていましたが、以前は白内障の進行を抑える効果だけしかなく視力回復には外科的療法しかありませんでした。 ですが2010年に販売開始された点眼薬クララスティルは白内障の原因に作用するもので、この点眼薬の販売により白内障の改善を点眼液で行う事が可能になりました。 白内障の原因の多くが老化によるものであり、体内器官が衰え水晶体の酸化を抑えられなくなった結果白く濁っ […]