犬の目薬

犬の目薬のさしかた、コツは?

4d97a7e756af08b5c3aa5b3a6f8c7106_m
白内障など病気の治療に必要な目薬ですが、犬は嫌がる場合も多く正しい点眼の方法を実践していく事が大切になります。

基本の方法としては、まず片手で顔を固定する為に花から口全体を持ち、点眼の容器が見えないように後ろから近づかせます。
固定しつつもう片方の手で後ろから瞼を上げ点眼、その際容器が眼に触れないようにしましょう。
ポイントとなる点は点眼の容器に気が付かれない事です。

また正面から飼い主が行くと直接眼をのぞき込まれる形になりますので、威圧感を感じてしまいます。
飼い主が犬の後ろにいるくらいがちょうど良い形となります。

犬が嫌がる場合は片方の手で犬を抱き寄せ、固定して点眼を行うとやりやすいですが、点眼を嫌がるには理由があります。

点眼薬は冷蔵庫で保管されている場合が大半であり、その為冷たさで嫌がってしまう場合があります。
そうなると固定も必要になり、点眼薬の容器は嫌な事へのイメージに繋がってしまいます。

そういった要因を解決する為には、まずは人肌程度の整理食塩水を使用した点眼など慣らしをしていく行為が効果的です。
容器に慣れる事も必要ですので、目薬の容器を持ちつつおやつをあげるなど行っていくのも良いでしょう。

容器に慣れたら生理食塩水を眼の周りに垂らすことから慣れさせていき、行為をしたらおやつというように慣れさせていくと良いでしょう。

目薬は眼への刺激と冷たさ、嫌がる事による固定により拒否感が強くなっていきますので、慣らしをする事で拒否感を弱めていくと点眼はやりやすくなります。

飼い主への負担にもなりお互いに点眼が負担となってしまいますので、最初の目薬の前に慣らしから行いましょう。
その上で目薬を差す方法を実践すれば、毎日の点眼も行いやすくなっていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

犬の目やに目薬は?

犬で目やになど目立つ場合、眼の周囲の毛が触れて眼を傷つけてしまっている場合もありますし、他の病気の可能性もありますのでまずは医師に受診する必要があります。
犬の目やににより疑われる病気としては角膜炎や角膜潰瘍、結膜炎の他に眼瞼内反症などがありますので、まずは何の病気なのか確認しましょう。
角膜炎であった場合眼の軟膏や洗浄用の目薬の使用を勧められる場合が多いです。
眼の軟膏は体内温度で溶ける上に、目薬と比較して効果が持続しますので、使用頻度を抑えたい場合など効果を維持したい場合に有効とされています。

角膜炎や結膜炎の眼軟膏ではオプティミューンが有名ですが、ジェネリック商品としてオプティケアやヴィジョケアがあります。

オプティミューン眼軟膏0.2%3.5g


ヴィジョケア(Visiocare)

その他にテラマイシン軟膏もありますが、まずは医師へ受診しどの薬が適切か診察してもらいましょう。
次回以降は処方してもらった薬と同様の成分であれば、個人で購入しても問題はありません。
もちろんそのまま薬を動物病院で処方してもらう方法もありますが、ネットの通販サイトでの購入した方が安価でコストパフォーマンスも高いです。

また購入数が多くする事で割引を設けている場合もありますので、費用を抑えたい場合にはそういったお店を選ぶといいでしょう。
安価な理由としては同じ成分のジェネリックであったり、輸入販売店で海外のみの取り扱いであったりするなどといった理由があります。
とはいえ効果や成分は同じですので使用上は問題ありませんし、費用を抑える為にジェネリック製品の活用は有効な方法ですので多くの人に勧められています。


オプティミューン眼軟膏0.2%3.5g


ヴィジョケア(Visiocare)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

犬の白内障目薬 シーナックはどんなお薬?

犬の白内障の目薬で現在主流な薬は、根本的な治療も可能なNアセチルカルノシンが含まれたものです。
シーナックもその一つで、2010年に開発された白内障の根本的治療は可能な薬のジェネリック薬です。
ジェネリック薬とは特許の切れた薬を他の会社が割安販売したもので、開発費が含まれない分割安での販売を可能にしています。
インタスファーマから販売されており、Nアセチルカルノシンの他に保湿成分であるグリセリンも含まれているのが特徴です。

ケイ酸カルボキシメチルセルロースとグリセリンが主成分な為、眼の保湿効果に優れドライアイを防ぐ効果もあります。

シーナックは白内障薬のキャンCのジェネリック薬であり、有効成分は同様ですが、個体差もあり、ジェネリック薬は全く同じ薬というわけではありませんので、使用時に問題があった場合は医師へ相談した方が良いでしょう。
とはいえ、いままで事故など問題が報告された事がないと言われてきた薬のジェネリック薬です。
白内障の改善効果も期待でき、人間相手のデータでも90%に改善が見られたとの事です。
使用方法はどの犬種でも同様で、最初の六か月は朝夕両目一滴点眼、七か月目以降は両目一日一滴点眼となっています。

白内障予防にもなりますし、老化が原因の白内障に対しては根本的改善が可能な薬であり、眼球の酸化を抑える成分を補給しますので、個別による差はあるものの効果は早期にも出やすいです。
副作用はなくリスクも少ない上、犬への負担も少なく費用も割安で飼い主、犬ともに優しい薬です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

犬の白内障とは?

白内障には先天性と後天性がありますが、犬の白内障では老化などが原因による後天的である場合が多いです。
ただ先天性である場合がないわけではなく、ゴールデンレトリバーやホワイトテリアなどは先天性の白内障が多い犬種もいますので注意が必要です。
白内障が発症すると眼の水晶体が少しずつ混濁していきますので、視力の低下や失明といった症状が表れますが進行はゆっくり進むのが特徴です。

犬の白内障の原因は老化の他に糖尿病性のもの、目の外傷が原因であったり中毒性のものであるケースもあります。
人間では老化が原因のものである場合が非常に多いのですが、犬の場合は原因も多岐に渡ります。
糖尿病性の白内障であった場合は糖尿病自体の治療が必要になりますので、まずは原因をはっきりさせる事が大切です。
失明してしまった場合、眼に光を当てる事で反応があるか確認し、回復の見込みがあるか確認する方法がありますので、そちらも試してみてもいいかもしれません。

白内障の治療は外科的療法と点眼液を使用した内科的療法がありますが、点眼液による治療が行われる場合が多いです。
外科的治療では眼の水晶体をレンズと交換する手術が多いのですが回復しない場合もありますし、合併症が併発するリスクがありますが点眼液の治療ではリスクが少ないです。
内服薬による治療もありますが、胃への負担もあり老犬に対する使用は控えている医師もいるようです。
その為点眼薬による治療をするケースが多く、しかも2010年に開発された新しい点眼薬では白内障の進行を抑えるだけでなく、白内障を根本から改善する効果があります。
Nアセチルカルノシンが含まれており、10年以上の臨床実験が行われ安全性も高い薬です。
現在ジェネリック薬も販売されており、割安購入可能になっていますので白内障になった場合はそちらを活用してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

犬の白内障 予防のための目薬は?

犬の白内障の原因は事故など外的要因の他に、遺伝要因による先天性のものや中毒、老化によるものなどがあります。
もう一つが代謝性白内障と呼ばれる糖尿病性が現認の白内障がありますが、この場合は糖尿病の治療を行わなければ改善しません。

6歳以上の犬の白内障の大半の原因は老化によるものとされており、白内障の予防を行う際は眼の水晶体が白濁する原因に対する対策をする必要があります。
ただ核硬化症という眼が白くまる白内障と似た症状がありますが、こちらは視力に異常をきたすことはありません。
白内障が進行すると壁などにぶつかりやすくなったり、つまづくなど行動の変化が表れたら白内障を疑って良いでしょう。

白内障の予防としては点眼薬による治療が勧められています。
2010年から販売されている新しい白内障の薬は眼の白濁の原因になる酸化を抑える成分が入っています。
眼に補充する事で眼の混濁を改善する効果の他に予防的効果もあります。
その他にドライアイ防止など眼の潤いを増す効果もありますので、白内障用の目薬を使用する事で予防としていく事も出来ます。

犬の白内障用のサプリメントなども販売されていますが、効果が期待できるという程の効果ですので専用の目薬を使用した方が良いでしょう。
またカリーユニやタチオンなど昔から使用されてきた白内障用の目薬は平成15年に科学的根拠がないと厚生労働省から発表がありました。
効果はあまり期待出来ませんので、眼の酸化を防止する成分が入っているシーラックなどがお勧めです。
動物の治療には費用も必要ですので、効率的に治療が出来るよう対応していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

犬の白内障 目薬の副作用は?

犬の白内障では目薬が多く使われており、2010年9月以降に販売された新しい目薬は根本から改善出来る非常に良い薬です。
安全性も高く、海外で10年以上に臨床実験が行われており、ほぼ副作用がありません。
また事故発生も5年以上販売されてきましたが、一つも事例がありませんので安心して使う事が出来ます。

犬に有効成分を補充する事で元の能力に回復させる目薬ですので、副作用などはないのです。
注意としては点眼薬を使用している場合、サプリメントや複数の点眼薬を使用すると効果が減少する可能性があります。
今まで良いとされてきた目薬のピレノキシン系の目薬は2000年から効果がないのでは、という話も出ています。
しかもまぶたのただれや角膜炎、眼のかゆみなどの副作用が報告されていますので、使用は控えた方が良いでしょう。
以前の点眼薬では白内障の効果がなかったが、今の点眼薬では効果があったという話も多く、実際に改善報告が多くあります。

サプリメントでは抗酸化剤が入ったものは白内障に効果があるとされていましたが、進行が遅くなるかも程度のものですし、併用する事で目薬の効果を半減してしまう事が報告されています。
使用上の注意としても明記されていますし、薬に関しては併用する事でお互い干渉してしまう場合が多いですので、医師の相談の上使いましょう。
この薬に関してはヨーロッパやアメリカなど海外でも販売されており、販売実績も5年以上ありますので、実績面でも安心という声が多いようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

犬の白内障 目薬の値段は?

犬が白内障になった場合、治療の方法として点眼薬がありますがその費用は様々です。
現在白内障に効果がある薬はNアセテルカルノシン酸が含まれたもので、眼の酸化を抑える効果があります。
2010年に開発された点眼薬であり、現在の白内障用目薬の主流になっています。
日本ではキャンCとドッグクララスティルの名称で販売されていますが、販売メーカーが違うだけで全く同じ成分となっています。

キャンCがアメリカのビューティ&ヘルスリサーチ社、ドッグクララスティルはフランスのTREND ROAD SAS社からの販売です。
代理店が違い、製品名も違うこの二つの製品ですが、値段もかなり違ってきます。
ドッグクララスティルは二本で12800円、キャンCは5990円でありキャンCは割引価格の4698円でも販売されています。
目薬の容量は1本5ml、二本で60日分という事は変わりませんので、値段だけ違う事になります。

またNアセテルカルノシン目薬はジェネリック薬であるシーラックも販売されており日本でも購入可能です。
こちらは開発者の説明など販売サイトに記載はされていませんが、有効成分は同様であり加えて保湿効果なども高めています。
販売価格は定価4490円、割引価格にて3458円で販売されており、同じサイズ、容量で安価に入手する事が出来ます。
こういった製品を扱っているサイトは輸入する事で安価に販売する事が出来ており、販売されている薬は現地のものと同じものです。
また複数購入することでさらに割引も可能となっていますので、まとめ買いでさらに費用を抑える事が出来ます。
毎日使う目薬だけに費用は大切なポイントですし、まずは製品の確認をしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

犬の白内障 目薬の効果は?

犬の白内障の薬は2010年9月から全く異なるものが勧められるようになりました。
以前の犬の白内障の薬は進行を抑える事が期待出来る、その程度の効果でしたが最新の薬では根本的に解決出来るようになりました。
糖尿病性のものなどは糖尿病の治療をしなければ意味がありませんが、白内障の原因に多い老化が原因であった場合かなりのケースで改善が見られます。

老化が原因の白内障は体内の器官が老化により衰えた事が原因となっており、水晶体の酸化を防止するカルノシンが不足した状態となっています。
6歳以上に白内障では老化が原因である場合が大半と言われており、老化が原因で視力が低下する犬は多いです。
白内障は進行すると失明する事になり、周囲が見えない事から警戒感が高まるなど活動が低下してしまう傾向があります。
動くボールを追う事も難しくなってしまいますが、薬により改善する事で再度ボール遊びなどもする事が出来るようになります。

白内障の薬は現在アメリカで特許を取得したキャンCやジェネリック薬であるシーナックなどが販売されています。
一日朝夕二回の点眼で早ければ数日で効果が出てきますし、三か月の臨床検査では90%に改善が見られたとの事です。
水晶体の混濁改善も41%以上に見られており、犬の白内障改善に期待できます。
海外で5年以上使われている薬ですので安全性も高く、副作用もありません。
口コミ評価も高く、老化が原因の白内障には絶大な効果が期待出来ますので、白内障で悩んでいる場合は是非試して欲しいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

犬の白内障 治療の目薬は?

犬の白内障の内科的治療では点眼薬が使用されていましたが、以前は白内障の進行を抑える効果だけしかなく視力回復には外科的療法しかありませんでした。
ですが2010年に販売開始された点眼薬クララスティルは白内障の原因に作用するもので、この点眼薬の販売により白内障の改善を点眼液で行う事が可能になりました。

白内障の原因の多くが老化によるものであり、体内器官が衰え水晶体の酸化を抑えられなくなった結果白く濁っていってしまいます。
クララスティルに含まれるNアステルカルノシンは、点眼する事で水晶体の酸化を抑える成分と変化します。
元々水晶体の酸化を抑える事で眼球は透明である事を維持していたので、再度有効成分が眼に入る事で再び眼は透明になっていくのです。
現在シーナックなどのジェネリック薬も販売されており、より安価で扱いやすくなりました。


ただこれは新しい薬であり、カリーユニなどの以前から使用されてきた点眼薬もまだ使用されている事があります。
以前使用されていた薬では、白内障の進行を遅くする事を期待する程度しかありませんので、効果を期待したい場合は最新のものにしていきましょう。
この点眼薬の効果は高く、三か月の臨床試験で90%に視力が改善された結果が報告されています。
とはいえ白内障用点眼薬はどの状態でも効果が絶大という訳ではありません。

白内障の症状が出て期間が短いほど改善も早く出ますので、日頃から白内障の前兆である視力低下が起きていないか気をつけてあげましょう。
散歩中に壁にぶつかりやすくなってしまったり、動くものを追わなくなるなどといった事があった場合は白内障を疑っても良いかもしれません、
検査は動物病院で出来ますので、気になった場合は検査してもらいましょう。
早期発見する事で回復効果も高いものが期待出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

犬の結膜炎 目薬に人間用は使える?

犬の目薬は専用のものもありますが、人間用の目薬を流用する場合もあります。
精製水など眼の洗浄目的のものなどであれば、人間用でも使用する事が出来ます。
結膜炎の目薬である場合抗生物質など消炎成分も含まれていますので、使用可能かは医師に確認した方が良いでしょう。
人間用と犬用では成分が同じものもありますが、自己判断での使用は犬にとって逆効果になるリスクもあります。

人間と犬では対象も違いますし、体の大きさも異なる上、成分の量的な問題もあります。
人間用の目薬を犬の結膜炎用として使用したい場合は、医師の確認を行ってから行うのが適切です。

犬の結膜炎用の薬としては、オプティミューンやジェネリック製品のヴィジョケアといった眼軟膏が販売されています。
こういった薬は輸入販売しているサイトでも購入可能となっており、割安で買う事が出来るようになっています。
慢性的な結膜炎対策として使用出来ますので、長期的に犬用として安心して使用する事が出来ます。
犬用はその理由があって販売されているものですし、犬に対する安全性が確認されているものです。

人間用を犬用に流用可能な目薬もあるかもしれませんが、回復せず逆に犬に問題が起こる場合もありますので、安全性を考えて使った方がいいでしょう。
もし人間用をどうしても使いたい場合は、必ず獣医師の確認を行うべきです。
費用的な問題など犬用の薬を使えない理由も医師に相談するなど、理由を相談すれば対応はしてくれるものです。
医師との信頼関係を築いていく為にも、薬の使用に関しては正直に話をしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0