犬の目やに目薬は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬で目やになど目立つ場合、眼の周囲の毛が触れて眼を傷つけてしまっている場合もありますし、他の病気の可能性もありますのでまずは医師に受診する必要があります。
犬の目やににより疑われる病気としては角膜炎や角膜潰瘍、結膜炎の他に眼瞼内反症などがありますので、まずは何の病気なのか確認しましょう。
角膜炎であった場合眼の軟膏や洗浄用の目薬の使用を勧められる場合が多いです。
眼の軟膏は体内温度で溶ける上に、目薬と比較して効果が持続しますので、使用頻度を抑えたい場合など効果を維持したい場合に有効とされています。

角膜炎や結膜炎の眼軟膏ではオプティミューンが有名ですが、ジェネリック商品としてオプティケアやヴィジョケアがあります。

オプティミューン眼軟膏0.2%3.5g


ヴィジョケア(Visiocare)

その他にテラマイシン軟膏もありますが、まずは医師へ受診しどの薬が適切か診察してもらいましょう。
次回以降は処方してもらった薬と同様の成分であれば、個人で購入しても問題はありません。
もちろんそのまま薬を動物病院で処方してもらう方法もありますが、ネットの通販サイトでの購入した方が安価でコストパフォーマンスも高いです。

また購入数が多くする事で割引を設けている場合もありますので、費用を抑えたい場合にはそういったお店を選ぶといいでしょう。
安価な理由としては同じ成分のジェネリックであったり、輸入販売店で海外のみの取り扱いであったりするなどといった理由があります。
とはいえ効果や成分は同じですので使用上は問題ありませんし、費用を抑える為にジェネリック製品の活用は有効な方法ですので多くの人に勧められています。


オプティミューン眼軟膏0.2%3.5g


ヴィジョケア(Visiocare)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

<2016年度オリコン顧客満足度ランキング ペット保険部門 総合1位 > ペット保険のPS保険 資料請求プロモーション

コメントを残す

*