犬の白内障 目薬の副作用は?

NO IMAGE

犬の白内障では目薬が多く使われており、2010年9月以降に販売された新しい目薬は根本から改善出来る非常に良い薬です。
安全性も高く、海外で10年以上に臨床実験が行われており、ほぼ副作用がありません。
また事故発生も5年以上販売されてきましたが、一つも事例がありませんので安心して使う事が出来ます。

犬に有効成分を補充する事で元の能力に回復させる目薬ですので、副作用などはないのです。
注意としては点眼薬を使用している場合、サプリメントや複数の点眼薬を使用すると効果が減少する可能性があります。
今まで良いとされてきた目薬のピレノキシン系の目薬は2000年から効果がないのでは、という話も出ています。
しかもまぶたのただれや角膜炎、眼のかゆみなどの副作用が報告されていますので、使用は控えた方が良いでしょう。
以前の点眼薬では白内障の効果がなかったが、今の点眼薬では効果があったという話も多く、実際に改善報告が多くあります。

サプリメントでは抗酸化剤が入ったものは白内障に効果があるとされていましたが、進行が遅くなるかも程度のものですし、併用する事で目薬の効果を半減してしまう事が報告されています。
使用上の注意としても明記されていますし、薬に関しては併用する事でお互い干渉してしまう場合が多いですので、医師の相談の上使いましょう。
この薬に関してはヨーロッパやアメリカなど海外でも販売されており、販売実績も5年以上ありますので、実績面でも安心という声が多いようです。