犬のフィラリアの陽性陰性について

フィラリアは蚊を媒介とした寄生虫であり、犬の心臓に寄生して様々な症状を引き起こします。
特に感染が激しい時期は夏場の7月から9月ぐらいまでといい、蚊が発生する5月から12月ぐらいまでは気を付けた方が良いと言われています。

フィラリアに感染した犬の血を蚊が吸う事で、犬の血液中にいるフィラリアの幼虫が蚊の体内に入り、蚊の中で成長します。
フィラリアの生んだ幼虫は犬の体内では成長する事はできず、蚊の体内に入る事で感染幼虫に成長します。
蚊の体内で成長した幼虫は蚊の口元まで移動し、犬を吸血する事で犬の体内に入り込みます。

犬の体内に入った幼虫は皮膚の下や筋肉の中、脂肪の中で約2か月かけて成長し、その後静脈に侵入し心臓へと移動します。
最終寄生場所である心臓や肺動脈で成虫になり、オスメスが揃えば幼虫を生みます。

フィラリア予防として有効なのが内服薬であり、定期的に内服薬を投与する事が必要です。
ただし、予防薬を投与する前には血液検査をしなければなりません。
血液検査でフィラリアに感染しているかどうかをまず調べるのです。
この判定に使われるのが陽性陰性という言葉で、陽性であれば感染しているという事です。
また、抗体反応の強弱により陽性にもレベルがあり、弱陽性であれば成虫の数が少ないという判断ができます。

陽性反応が出た場合、予防薬を投与すると死滅したフィラリアが血管に溜まってしまう事も考えられるため、慎重に治療を進めて行かなければなりません。
犬の年齢や症状、成虫の量によって治療方法が決定されます。

では、その血液検査、費用はどのくらいなのでしょうか?
こちらを御覧ください。→ フィラリアの血液検査について費用は?