フィラリアの予防は生後何ヶ月から?

<2016年度オリコン顧客満足度ランキング ペット保険部門 総合1位 > ペット保険のPS保険 資料請求プロモーション

いま、フィラリアの薬が10%offで手に入るオリジナル割引きクーポンが出てますよ。 このサイトだけの特典デス♫
購入を考えている方は要チェックです!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

>>管理人イチオシの犬のフィラリア予防薬<<

フィラリアってなに?

フィラリアは犬の心臓に寄生する寄生虫です。
蚊を媒介して寄生するため、蚊の発生する季節は確実に予防していなければなりません。
フィラリアにかかり症状が進んでからでは、治療しても元のような健康状態に戻る事は難しいので、フィラリアを予防するというのはとても大切な事です。


フィラリアの予防は生後何ヶ月から始めると良いのでしょうか。

これは生まれた月にもよりますが、生後90日、つまり生後3か月から投薬が可能です。

フィラリア予防の期間は蚊が飛び始めてから1か月後から、蚊いなくなってから1か月後が目安です。
地域や気候によって変わりますから、かかりつけの獣医師に相談するのをおススメします。

蚊を媒介して寄生するフィラリアですから、外で飼っているわけではなく室内飼いだからフィラリアの心配はいらない、と考える人が時々見られます。
しかし、室内で飼っていても完全に蚊をシャットアウトできるわけではありませんから、予防薬は必要です。

また、予防薬といえども薬は薬ですから、薬はできるだけ飲ませたくないという人もいます。

副作用が心配といいますが、まれに起こる副作用よりも、予防薬を投与しない事でフィラリアにかかってしまう事の方がリスクは高いでしょう。

フィラリアの薬を使う期間はどれくらい?

フィラリアの薬は蚊の発生している時期に1か月に1度投薬しますが、効果が1か月続く、あるいは薬のおかげでフィラリアにかからないと思っている人がいますがこれは間違いです。

薬の効果はごく短期間であり、フィラリア予防薬はフィラリアにかからないようにするのではなく、蚊に刺されて体内に侵入したフィラリアの幼虫を駆除するものなのです。
ですから、蚊のシーズンには定期的な投薬が必要なのです。

そうなると、気になるのがお薬の費用ですね。
こちらに一般的なフィラリアの薬の費用をまとめてみましたので、詳しくはフィラリア薬の費用についてを御覧ください。

フィラリア薬の費用についてはこちら

 

フィラリア薬が10%offで手に入るクーポンとは?

いま、フィラリアの薬が10%offで手に入るオリジナル割引きクーポンが出てますよ♪
購入を考えている方は要チェックです!

>>管理人イチオシの犬のフィラリア予防薬<<