フィラリアにかかったら

<2016年度オリコン顧客満足度ランキング ペット保険部門 総合1位 > ペット保険のPS保険 資料請求プロモーション

フィラリア症は犬にとって恐ろしい感染症であり、感染した初期はほとんどの場合無症状なので、知らずに進行してしまう事が多い恐ろしい病気です。

いま、フィラリアの薬が10%offの割引きクーポンが出てます。
このページだけの特典デス♫
購入を考えている方は要チェック!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

>>管理人イチオシの犬のフィラリア予防薬<<

フィラリアにかかった犬はどの様な症状が出るのでしょうか。


フィラリアの幼虫は蚊を媒介して体内に侵入します。
しかし、体内に入ったからといってすぐに犬の体調の変化が起こるわけではなく、幼虫は2か月ほどは皮膚下で成長を続けます。
その後、幼虫は静脈に入り込み血液の流れと共に移動し、心臓の右心室や肺動脈に寄生して成虫になります。

症状が出始めるのは心臓にたどり着き成虫になってからです。
数年かけてじわりじわりと心臓や肺を傷つけていくのです。

フィラリアの主な症状は、

  • 慢性的な乾いた咳
  • 栄養障害
  • 食欲減退
  • 呼吸困難
  • 腹水
  • 血尿
  • 失神
  • 散歩を嫌がる
  • 疲れやすい
  • 元気がない

などの症状が現れます。

さらに心臓や肺の機能が低下する事で、肝臓や腎臓にもダメージを与えることになり、長い間フィラリアが寄生していた場合、フィラリアの摘出をしても元の状態に戻る事はないといいます。

フィラリアにかかったら・・・・その対策は?

愛犬をこのような症状で苦しませないためにも、大切なのはフィラリア予防をしっかりと行う事です。

予防の主流は予防薬の投与です。
蚊の発生する時期には予防薬の投与を確実に行いましょう。

フィラリア薬の投与の注意点は?

初めて予防薬を投与する前には、かならず血液検査を受ける必要があります。
これは、今現在、フィラリアに感染しているかどうかを調べるためです。

フィラリアの予防は、感染しているか、感染していないかで投与する薬も違ってきますので、よくわからない方は、必ず獣医師の診断を受けましょう。

血液検査が済んで問題なければ、予防薬の投与です。
予防薬が効果を発揮するのは、幼虫が体内に侵入してから心臓に寄生する前までの約2か月間ですから、毎月必ず投与する事が必要です。

投薬期間については、地域によっても変わってきます。
かかりつけの獣医師に相談するのが良いでしょう。

愛犬を守るのはあなたです!

価格や使いやすさの面から、一押しのフィラリア予防薬は、やっぱりジェネリック薬です!
こちらの比較サイトで確認して下さい。
お手頃価格のジェネリックが紹介されてますよ。

<<フィラリア予防のジェネリック薬の比較サイトはこちら>>

※現在割引クーポンがもらえるお得なサイトもありますよ~
>>詳しくはこちら!「管理人イチオシのフィラリア薬」を御覧ください<<