フィラリア予防薬のジェネリック【安全性や使い方は?】

わんことひとの暮らしを考える

愛犬と一緒に暮らす人が増えてきました。愛犬は、まさに我が家の一員ですよね。
そんな大切な愛犬を守るために、フィラリア対策をきちんとする事は飼い主の義務です。

フィラリアと聞いてちょっと気が重くなる方もいるかもしれませんが、フィラリア対策は、そんなに面倒なことではありません。
現在のフィラリア対策はフィラリアの予防薬を投与することが一般的です。投与と言っても、おやつのように食べさせるだけ。ワンちゃんは喜んで食べてくれます。

獣医さんのところでも多くのお薬を用意しています。

もちろんジェネリックもあります!

フィラリア予防薬は、蚊の発生する時期に定期的に投与する必要がありますが、住んでいる地域や気候にもよりますが、おおむね8か月程度薬を投与し続ける事になります。
また、中には通年投与している人もいますから、月に一度の投薬にしても費用がかさみます。
多頭飼育している人なら尚更です。

そこでフィラリア予防薬のジェネリックを使用している人も多くいらっしゃいます。
ジェネリックとは新薬の特許期間が終わった後に、別のメーカーが製造販売する薬の事で、同じ成分で製造されている薬です。同じ成分ですから、安全性も全く同じです。ジェネリックだから危険ということはありません。それに、ジェネリックは新薬ではありませんので、すでに実績のある予防薬だけが、ジェネリックとして販売されます。安全性はすでに折り紙付きというわけです。

獣医さんに行く前に調べておくことは?

フィラリアの薬にも多くの種類があります。
それぞれのフィラリアの薬の特徴を調べてから、獣医さんにこちらからお薬をリクエストする
と費用も安く抑えることができます。

では、そのフィラリアの薬にはどんなものがあるのでしょうか?
獣医師さんが処方してくれるフィラリアの薬には、多くの種類が出ていますが、私がいままで使ってきたお薬の中から、使い勝手の良かったお薬を紹介します。

カルドメック小型犬用

カルドメックはフィラリア対策のお薬として、大変有名なお薬です。
どんな獣医師さんのことろでも処方してくれるお薬です。
美味しいビーフ味なので、ワンちゃんも喜んで食べてくれます。
美味しいことは、投与するの上でとても重要ですよ。

ストロングハートチュアブル小型犬用

カルドメックのジェネリック医薬品です。
同成分で、効果効能は同じですので、カルドメックを使用されるのであれば、このジェネリックを使うことで、費用を抑えることができますよ!

レボリューション超小型犬用

フィラリア・ノミダニを同時予防できるスグレモノです。
月1回投与するだけ!
皮膚に垂らすタイプの薬なので、経口薬が苦手なワンちゃんに最適です。

ノミ・ダニにも悩まれている方なら、このお薬を処方してもらって下さい。
ノミ・ダニ対策のお薬を同時に使用するよりも断然手軽で費用も安く上がりますよ!

 

ネットで注文できるフィラリアの検診と予防薬

フィラリアの予防薬と検診をネットで予約ができるのが、本間アニマルメディアです。
検診もしてくれるので、フィラリア検査も同時に行えてこの価格なら、とてもリーズナブル。
費用がはっきりしていますので、とても良心的ですね。

>>犬 フィラリア予防薬【今すぐ診療・処方代の内容を確認してみる!】

 

ワンちゃんのため準備してあげたいもうひとつのこと

ファイラリアはワンちゃんの病気の代表的なものですが、予防をすることで、ほぼ防げる病気でもあります。

でも、ワンちゃんの病気はフィラリアだけではありません。
家族として人間と同居することが多くなったワンちゃんには、人間と同じような病気になることが多くなってきました。また、人間の住宅は、犬にとって必ずしも住みやすい場所ではありません。

特に小型犬の場合は注意が必要です。

・高さがあり飛び降りることで怪我をする場合がある高いソファ。

・滑りやすいフロアー

・犬が食べると障害を起こす人間の食べ物(玉ねぎやチョコレートが有名ですね)

・科学物質を多く含む人間のおやつ

などなど、ワンちゃんを取り巻く環境には危険も多いです。

その場合の最後のとりでは、やはり保険です。
保険はワンちゃんを取り巻く多くのリクスを回避する最終手段です。
最近は費用もそんなにかかりませんから、検討されることをお勧めします。
どの保険を選ぶべきかは、私の基準は単純です。

「みんなが入っているシェアNO,1の保険」

なぜなら、保険制度は入っている人が多いほど安定するから。

保険料などをカンタンに調べることができるサイトがあります。
無料の資料請求もできますので、調べてみると良いですよ!

>>今すぐペットの保険を確認してみる!