フィラリア予防薬のジェネリックについて

大切な愛犬を守るために、フィラリア対策をきちんとする事は飼い主の義務です。
フィラリア予防薬は、蚊の発生する時期に定期的に投与する必要があります。
住んでいる地域や気候にもよりますが、おおむね8か月程度薬を投与し続ける事になります。
また、中には通年投与している人もいますから、月に一度の投薬にしても費用がかさみます。
多頭飼育している人なら尚更です。

そこでジェネリックの使用を考えている人もいるのではないでしょうか。
ジェネリックとは新薬の特許期間が終わった後に、別のメーカーが製造販売する薬の事で、同じ成分で製造されている薬です。
基本的にジェネリック医薬品の方が安価で購入出来るため、安く済ませたい人におススメの薬です。

動物病院でフィラリア予防薬を処方してもらう場合、どうしても高くついてしまいます。
フィラリア予防薬は基本的に処方箋が必要な医薬品ですが、ネットで購入する事もできるのをご存知でしょうか。
個人輸入代行業者から購入する方法です。
ネットでフィラリア予防薬を購入する方が、確実に安く済ませる事ができるので人気があります。

ただし、フィラリア予防薬を投与する初回は、フィラリアの血液検査をする必要があります。
フィラリアにかかっている犬に与えてしまうとショック死の危険があるからです。
例えば、血液検査と1か月分のフィラリア予防薬を動物病院で購入して、その後ネットを利用して同じ製品、またはジェネリックを購入するというのもコストを下げるひとつの手です。

<管理人一押しのフィラリア予防薬はこちら!>